フィリピン留学の費用、わたしが半年間で費やした金額

フィリピン留学
スポンサーリンク
ここではわたしがフィリピン留学でイロイロに行った際に費やした金額の内訳をご紹介します。

 

フィリピン留学の費用、半年間で費やした金額

 

フィリピン留学、半年間で費やす費用は全額でいくらでしょうか。

 

フィリピン留学を始める前、私は外資企業で企業向けにソフトウェアの技術支援を行っておりました。

 

米系企業でしたので顧客に提供する情報の一部は英語で調査していました。

 

技術文書の内容が分からなければ Google 先生に翻訳してもらう事で、何とかしのいでましたが、やはり米系企業なので新しい情報は英単語で調べる事が多くありました。

 

日本語のナレッジ文書も翻訳により存在しますが、仕様が変われば、その情報も過去の遺産となり、新しいナレッジが必要な場合は英語が不可欠となります。

 

プログラムが出力するログも英語表記されている事が一般的かと思います。

 

もうお分かりかと思いますが、上記の理由で 32 歳からの英語留学を決断しました。

 

この仕事を続けるには英語が必要だと感じました。

 

スポンサーリンク
なお、その頃 ( 2012 年 ) は円高でしたので、一ヶ月あたり、82,000 円で 一日 7 時間の授業、食事、寮費が込みの値段でした。

 

半年の上記の合計金額は新生銀行からの海外送金手数料 4,000 円を含めて、496,000 円でした。

 

現地では電子辞書を壊してしまいスマホを 20,000 円で購入したり、そのスマホがジプニー内で盗まれたりして、もう一台のスマフォを 30,000 円で購入したり、フィリピンの有名なボラカイ島に二回 22,000 円、パラワン島に一回 30,000 円、に行ったりと、かなり遊びも充実させて出費がありましたが、生活用品や航空券、VISA の延長料金、その他を含めて 300,000 円程度の出費でした。

 

留学には合計 800,000 円以上使いました。

 

まとめると

 

< 留学費 >
留学費 496,000 円
生活用品や航空券、VISA の延長料金、その他 約 300,000 円

 

< 雑費 >
スマホ 1の代金 20,000 円
スマホ 2の代金 30,000 円
ボラカイ島への旅行 二回 22,000 円
パラワン島への旅行 一回 30,000 円

 

これでも日常の生活は質素におさえました。
タクシーにはほぼ乗りませんでしたし、外食も両手両足を合わせれば数えられるほどです。
タバコも吸いませんし、お酒も週に一回程度、もしくは飲まない週もたくさんありました。
何が言いたいのかというと、フィリピンでも意外とお金はかかると言うことです。

 

特に滞在 VISA や、現地での教科書代が大きいです。
無駄に教材を購入させようとする教師もいるのでお気を付けください。
もし、フィリピン留学をお考えの貴方は、事前にこのフィリピン政府に払う費用や教材費もしっかりと計算と確認をしてください。

 

フィリピン留学についてはこんな記事も書いています。

 

半年のフィリピン留学で初心者が獲た TOEIC スコア

 

フィリピン留学生活を終えて私が感じたフィリピンの物価

 

フィリピン留学中に必要だと思った持ち物リスト

 

フィリピン留学の費用、わたしが半年間で費やした金額

 

マニラ空港の深夜は危険!?【フィリピン留学】
 

当初は 32 歳で会社を辞めて留学なんて、、、自分のことながら狂ってると思ってました。でも今思えば、もし 40 歳で始めても十分価値があったと回想。バッサリ

 

フィリピン留学の口コミをもっとみる

コメント