フィリピン留学生活を終えて私が感じたフィリピンの物価

フィリピン留学
スポンサーリンク

ここでは半年間のフィリピン留学生活を終えて、私が感じたフィリピンの物価についてご紹介します。

 

フィリピン留学生活で感じたフィリピンの物価

 

以下の価格が国民生活を支えているようです。
* 2013 年頃のお話のため、現在は価格が変動している可能性があります

 

– コーラ 10 pesos
– ジプニー ( バス ) 7 pesos
– ビール ( サンミゲルライト ) 31 pesos
– タクシー ( 初乗り ) 40 pesos
– マンゴーシェイク 約 70 pesos
– マンイナサル ( チキンレストラン ) 約 150 pesos
– ジョリビーのソフトクリーム ( ファーストフード ) 約 20 pesos

 

以上が安い商品の部類です。
他は意外と高いです。
以下に高いものを紹介します。

 

– スマートフォン (Samsong Note 2) 約 32000 pesos
– 韓国、日本食レストラン 約 300 pesos
– ジーンズパンツ 約 2000 pesos
– セブパシフィックの航空券

 

セブパシフィックは一見安そうですが、預け荷物が少しでも重量をオーバーしていると、かなりの追加料金が発生します。
顧客の扱い方というか、サービスも最悪でした。
フィリピンに行くのであれば、同じ価格帯であるジェットスターの方が断然良かったです。
スポンサーリンク
ちなみに、半年間の調査を行ったところ、現地の正規教師の給与は約 12000 pesos 程度でした。
時給が 60-70 pesos だそうです。

 

ハウスキーパーさんの時給は 27 peso だとの事。
7 時間働くので 189 peso 一ヶ月 22 日だとして、月給が 2000 だとの事。
申告された計算がおかしい。
本当は 4158 peso くらいあるはずなのですが。汗

 

10/18/2012
公園でのエクササイズダンス (タイボー) の集会へ初めて行く。
5 peso 支払う。

 

10/19/2012
電話番号 SIM カードを 40 peso で購入。
100 peso チャージ。

 

10/20/2012
SM City で銀聯カードを利用。
10,000 peso = 1546 元 + 10 元 = 19,713 円
当日の JPY レートは 0.5060 くらい。

 

10/26 – 28/2012
友人 10 人でボラカイ島へ行く。
学校から約 5 時間の場所。
バン送迎 (700 peso) と船 (125 peso) で行く。
ドミトリは一泊 200 peso / 1人。
ロレックス模造品を 1000 peso で購入。
* すぐ壊れました。汗
全部で 6000 peso ほど使いました。

 

フィリピン留学についてはこんな記事も書いています。

 

半年のフィリピン留学で初心者が獲た TOEIC スコア

 

フィリピン留学前のわたしの TOEIC スコアと留学後のスコア

 

フィリピン留学の費用、わたしが半年間で費やした金額

 

フィリピン留学中に必要だと思った持ち物リスト

 

マニラ空港の深夜は危険!?【フィリピン留学】

 

セブパシフィックの対応は LCC の中でも最低クラス。バッサリ

 

フィリピン留学の口コミをもっとみる

コメント