Osclass のサーバー移行 | Xdomain to CoreServer

雑念
スポンサーリンク

ここでは Xdomain で利用していた Osclass を CoreServer へサーバーを移行 ( レンタルサーバー引っ越し ) した手順について紹介します。私の場合は独自ドメインに変更しました。

 

Osclass のサーバーの引っ越し方法は以下の通りです。

 

https://forums.osclass.org/installation-update-help/transfer-osclass-installation-to-another-server/

 

1.- Dump your database information with mysqldump, phpMyAdmin or whatever
2.- Import database information to new server
3.- Move files to new server, change config.php to point to your new database
4.- Enjoy

 

基本的には WordPress のレンタルサーバー引っ越しと変わりはありませんが、いくつか注意点があります。

 

Osclass の実行ファイルとデータベースダンプを取得する

まずは、移行元のサーバーから Osclass の実行ファイルを、FTP クライアントを用いてダウンロードしてください。config.php、oc-admin ディレクトリなどのファイル群です。

その後、サーバーの管理ツール phpMyAdmin からデータベースダンプを取得してください。データベースダンプとはデータベースのデータをエクスポートしたファイルです。

 

Xdomain の場合は phpMyAdmin でデータベースをエクスポートできます。

 

左上にある DB 名をクリック

 

[DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTIONを追加] にチェック

[ファイルに保存する] にチェック

[実行する] をクリック

 

Osclass の設定ファイル (config.php) を書き換える

スポンサーリンク

config.php は設定ファイルです。これにデータベースへの接続情報を書き込みます。テキストエディタでこれを開き、下記コードの箇所に適切に情報を入力してください。

 

/**
* The base MySQL settings of Osclass
*/
define('MULTISITE', 0);

/** MySQL database name for Osclass */
define('DB_NAME', 'DB名');

/** MySQL database username */
define('DB_USER', 'DBユーザー名');

/** MySQL database password */
define('DB_PASSWORD', 'パスワード');

/** MySQL hostname */
define('DB_HOST', '接続ホスト名');

/** Database Table prefix */
define('DB_TABLE_PREFIX', 'DB名のプレフィックス');

define('REL_WEB_URL', '/');

define('WEB_PATH', 'https://www.新ドメイン.com/');

 

設定ファイルを書き換えて、もし php のエラー画面が返ってきたら、エラーが起こっている数字(行)の手前の行を確認してみてください。

 

私の場合は、間違って define(‘REL_WEB_URL’, ‘/’); の最後にあるセミコロン ;を消してしまって 25 行目に対してエラーが出ました。

 

define(‘WEB_PATH’, ‘https://www.新ドメイン.com/‘); の最後のスラッシュ /も忘れずに。入れないと次のディレクトリと URL がつながってしまい、正確なディレクトリにアクセスできません。

 

Osclass の実行ファイルを新しいサーバーに設置

取得した Osclass の実行ファイルを FTP クライアントでアップロードしましょう。今回の場合、アップロードする先は Osclass が稼働予定の CoreServer のルートディレクトリです。

 

/public_html/新ドメイン.com の直下がルートドメインになります。

 

データベースをインポート

phpmyadmin で取得したデータベースをインポートします。もし CoreServer でデータベースが作成されていなければまず作成して、そのデータベースにインポートしてください。

 

データベースの作成は phpmyadmin ではできない場合があります。その際はサーバー管理ページから追加できる場合ので方法を確認してください。

 

データベースをインポート

まず、左の項目からインポートする先を選択します。

[インポート] のタブをクリックすると以下の画面になります。

 

[ファイルを選択] でデータベースを選択

[実行] をクリック

 

データベースの中身を新しいサイトの URL に置換

スポンサーリンク

データベースのデータには Osclass が稼働する URL の情報が含まれています。データベースのインポート直後はこの URL が移行前のものになっていますので、これを新しい URL に一括置換してください。

 

今回は一括置換作業を簡単に行えるツールを使用します。以下のサイトから searchreplacedb2 というツールをダウンロードし、config.php を設置しているディレクトリ ( 通常は /public_html/新ドメイン.com ) にアップロードしてください。

 

Database Search and Replace Script in PHP | interconnect/it
Search Replace DB is a powerful tool for developers, allowing them to run a search replace against their database where CLI tools or WP plugins can’t work.

 

searchreplacedb2 の使い方

ダウンロードしたファイルを解凍して、回答したフォルダの名前を dbrp に変更して、ルートディレクトリに FTP クライアントでアップロード。アップロードしたら以下の URL にアクセスしてください。

 

https://新ドメイン.com/dbrp/

 

ここで、旧ドメイン、新ドメイン、データベースの情報を入力して、dry run をクリック。書き換わる場所がを確認して、dry run で問題なければ live run で実行してください。

searchreplacedb2 の使い方はこの記事がわかりやすいと思います。

 

WordPressサイトのドメイン一括置換には「Search Replace DB」が良い!
WordPressサイトのドメイン一括置換には「Search Replace DB」を使うと良いです。通常の置換だとシリアライズされたデータが入ってることもあるので、プラグインなどに不具合が出る場合があるとのことです。また、SSLへの対応にも使えますよ。

 

アクセスできましたか?エンジョイ。

 

トライアンドエラー

もし、アクセスできない場合はレンタルサーバーの php のバージョンを 5.6 に変更してみてください。

 

それでもだめなら .htaccess ファイルを以下のようにデフォルトの状態に書き換えてしまいましょう。

 

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>

 

全ては自己責任でお願いします。

 

いろいろとググってみたけど、なんで Osclass のサーバー移行について誰も記事を書いていないんだろう?Osclass のカスタマイズの記事はたくさんあるのに。バッサリ

 

技術情報をもっとみる

コメント