株初心者が iPhone で過去の株価をもっと過去から振り返る

スポンサーリンク
ここでは株初心者が iPhone で過去の株価をもっと過去から振り返ります。

 

2012年は Apple の iPhone が飛躍する年でした。

 

2008年、私が日本を出る前、株式取引の中ではファーストリテーリングが流行っていました。
また、JAL がどうなるか?と言う状態で 2010年にいったん上場廃止していました。

 

当初、私は投資信託しかやりませんでしたので、直接、株の購入はしていませんでしたが、その時は iPhone 5 の影響で Apple の株価はうなぎのぼり?でした。

 

* 当初 2012年はうなぎの供給量が減り、うなぎの価格もうなぎのぼりとなっておりました

 

そして 2018年も、うなぎが、うなぎのぼり、、、

 

日本を出る 2008年はオーストラリアの国債に目をつけており、中国関連株とあわせて 7 対 3 の割合で購入して、5 パーセントほど勝ちこしておりました。

 

そして、それはそのまま売り飛ばしました。

 

スポンサーリンク
ギリシャが破産する前までは 10 パーセント以上の利益があったのですが残念。
その後、利益を基に資本の 10 パーセントを外国不動産に投資しました。

 

その数年後、2016年にはそれも売り飛ばしました。
未経験ながら始めた投資も 3年間値動きをチェックしていましたが、下がり気味の投資信託を、どこにシフトしていくか、またはカットして行くかの判断を的確にでき、時期に合わせてバランスの取れたポートフォリオを組んでいくことが重要だと、若輩ながらすこしづづ考えるようになりました。

 

また、大きく負けたときに、株取引で最大の勉強ができるようになるとは、この時は露知らず、、、

 

* この株が塩漬けになる、恐ろしい話は近いうちにまたお話します

 

でも、もし、もう一度人生があるなら、面白そうだからファンドマネージャーになりたい。

 

そんな馬鹿なことを考えてた青二歳の 2012年でした。バッサリ。ぐあっしゅ。

コメント