ノンフライヤー比較【フィリップスとNFC-16の違いとは?】

雑念
スポンサーリンク

ここではノンフライヤー ( Airfryer ) を徹底比較します。以前より実家にあった元祖フィリップスのエアフライヤーと今回ドンキホーテで購入したエスキュービズムNFC-16のノンフライヤーを比較したわたしの感想をご紹介します。【2019年最新版】

 

ノンフライヤー比較フィリップスとNFC-16の違い

 

スポンサーリンク

ノンフライヤーの価格

価格コムで見ると価格とランキングはこんな感じです。

 

 

楽天や Amazon のランキングや口コミサイトのランキングも大体どこも同じでした。

 

フィリップス後継機種は40000円台、NFC-16はグリーンが6000円台です。

 

比較すると元祖だけあってフィリップスは高いですね。

 

ちなみにわたしはNFC-16をドンキホーテで 4980円で買いましたが、ヤマダ電機でも安く買えるみたいです。

 

ずっとノンフライヤーが欲しいなと思っていたのですが、ドンキホーテで始めてみたときはエスキュービズムというメーカーを知らなかったので価格コムで調べてみました。

 

スマホで商品名のNFC-16を検索画面に入力して出てきた価格コムを調べたところ、当初は 5980円で 5位にランクしていたので、安心できる商品かな?と考え購入しました。

 

ノンフライヤーの使い方

どちらも同じ使い方ですかが、まず初めに箱から出した時には、包装用のテープや段ボール、ブラスチックの袋がノンフライヤーの中にも入っているため、使う前に必ず取り出すように気を付けなくてはなりません。

 

包装をしっかりとったら、利用する前に必ず、受け皿を洗ってから空焚きをしてください。

 

説明書にも書かれていますが、空焚きの時に変な匂いがします。

 

ノンフライヤーでポテト ( 冷凍食品 )

フィリップスでポテトを作る場合、時間は 5分で一度かくはんして、再度 5分ほど熱を入れると完成しますが、しっかりとカリカリしていおり、中は水分が残っています。

 

一方、NFC-16で作る場合、フィリップスと同じ量のポテトを入れると時間は 15分以上かかります。

 

容量が小さいため、NFC-16は時間ががかります。

 

また、NFC-16で作る場合、ポテトの水分が少なくドライなイメージですが、味はそこそこおいしく食べることができるので許容範囲です。

 

ノンフライヤーでポテト ( 生 )

生のまま加工をせずにノンフライヤーを使うとどちらも乾燥してパサパサになります。

 

人にもよると思いますが、味はまずいと思います。

 

チップスなら比較的、味や食感がよく作れると思います。

 

ノンフライヤーで唐揚げ ( 冷凍食品 )

唐揚げもポテトと同様に簡単で時間もかからずおいしく食べられます。

 

ノンフライヤーで唐揚げ ( 生 )

小麦粉や片栗粉などの粉を付けた生から作る唐揚げの場合は時間もかかり、さらにパサつきます。

 

唐揚げは油で揚げて、出来たものを温め直しに使うほうがいいです。

 

生からでも作ることはできますが、味はまずいです。

 

ノンフライヤーで天ぷら( 冷凍食品 )

野菜などの天ぷらも唐揚げポテトと同様に簡単で時間もかからずおいしく食べられます。

 

唐揚げと同様に粉をつけて生から作るとパサつくので、一度油で揚げてから温め直しに使ってください。

 

フィリップスとNFC-16の違い

正直に言って、大きな違いは容量だけではないでしょうか?

 

容量が違うことによる出来上がりの時間にも差はありますが、独身や二人、三人程度の家族ならことたりると思います。

 

NFC-16はフィリップスに比べて乾燥しやすいという差はあると思いますが、そんなに大きな差ではありません。

 

若干、フィリップスの方が油の落ちが良いようにも感じますが、ダイエットや健康を気にする人以外は、NFC-16でも十分だと感じました。

 

家電についてはこんな記事も書いています。

 

浄水器-人気ランキング【価格-値段が安いコスパの良い蛇口型】

 

新居で必要なものは家電?【都営住宅に当選したブログ】

 

激安と評判の良い RAS-E225R と AY-H22H を比較【なぜ?】

 

エアコン-激安-型落ち-工事費込みの物だけ比較!【オゾン濃度?】

 

それにしても、フィリップスとNFC-16の価格差が 3万円以上あるけど、そこまでの価値はあるのかしら?バッサリ

 

口コミをもっとみる

コメント