【無印】人をダメにするソファは犬もダメになるか検証

人をダメにするソファと言われている(いまは体にフィットするソファと言われているようですが)無印良品のビーズソファがうちの愛犬はお気に入りです。

普段は飼い主が使っていることがほとんどですが、飼い主がその場を離れると、うちの愛犬はここぞとばかりに乗っかって気持ち良さそうに寝ています。

自分の犬用のクッションもあるものの、ビーズソファが気持ちいいようです。

最初に購入したばかりの頃は特に興味なさそうだった

人をダメにするソファ

飼い主が座ってるのを見ているか、飼い主が座ってる膝の上に乗っかってくることはありました。

見ていて気持ち良さそうだと思ったのか、ある日から自分用だと言わんばかりに堂々と乗っかるようになりました。

とても気持ち良さそうにビーズソファの上で寝ます。

特に冬はビーズがフィットして温かいのか、うずくまって寝ていることが多いです。

自分用のクッションと使い分けているようです。

また、飼い主がビーズソファを使っていると、どいてほしそうな目で見てくることもよくあります。

それでもどかないと、隣に乗ってきて勝手に寝てしまうこともあります。

そのくらいとってもお気に入りです。

正直、犬用にしては高いし大きい

値段も、セール期間などもあるようですがだいたい1万円前後。

大きさも幅65×奥行65×高さ43cmなので、もちろん犬用にしては大きいです。

ただ、飼い主と一緒に使えると思えば、コスパは悪くないと思います。

普段は飼い主がお昼寝や、テレビを見るとき、読書するときに使うのにはおすすめです!

飼い主が使っていないときに愛犬が使っているので、常に誰かが使っている状態になっていることがほとんどです。

飼い主と愛犬が一緒に使える

人をダメにするソファ

上記でも記載しましたが、うちの愛犬だけじゃなく、飼い主も使えるのがメリットです。

飼い主も普段はお昼寝、テレビを見るとき、読書のときなどに使うのにはとても気持ちが良く、おすすめのソファです。

そこについでに、うちの愛犬もお昼寝に使ってくれていると思えば、このビーズソファもフル活用されているな、良い買い物したのかもな、と思いました。

普通のソファよりもメリットがあるかもしれません。

ビーズでできているので、形が変わる

体にフィットすると言われているだけあり、角度によって座りやすいポジションだったり、寝やすいポジションに変えることができます。

自分で気持ちの良いように変えられます。うちの愛犬も飼い主と同じように、乗っかって自分の好きなポジションを作ってから寝ています。

フィットする感じがお気に入りのようで、自分のポジションがうまくできないと一度降りたり、自分で模索しています。

人間も犬も、同じなんだなということを学びました

人をダメにするソファ

結局、人間が気持ちいいと思うものは、犬も気持ちいいと思うものなんですね。

ビーズの素材やフィット感など、犬からしたら足場が悪そうだと思っていましたが、そういうのは犬も好きなんだなと思いました。

飼い主がビーズソファでお昼寝していると、そこに飛び乗ってきて一緒に寝ることもたまにあります。

気持ち良く寝ていることが羨ましく思ったのかなと思っていますが、以心伝心しているようで、コミュニケーションにもなって嬉しいです。

より一層愛おしく感じています。

人間と同じなんだなと思うと、他のもので愛犬に購入する際も、自分に置き換えて選ぶことができるようになった気がします。

やぱっり愛犬はペットじゃなく家族なんです。