【子犬タオル】カミカミが好きな愛犬に固めがおすすめな理由3つ

2019年11月14日

我が家の子犬が夢中になるもの。

我が家の子犬はマルチーズとプードルの親から生まれたハーフです。

まだ誕生してから数ヶ月しか経過していません。

うちに来たときから性格はお茶目で優しい子です。


男の子ですが、アンニュイなところがある子で大変可愛らしいです。

歯が気持ち悪いようでタオルケット類での遊びに夢中になります。

飼い主の洋服も大好きで、レースの薄いひらひらとした部分が大好物のようで、よくカミカミして遊んでいます。

初めて出会ったときから、この子犬はタオル好き

我が家の子犬は飼い主との出会いの瞬間からタオルケットが大好きな様子でした。

ケージの中に敷かれている小さなタオルを引っ張って遊んでいました。

その姿をみて思わず、可愛い!と声をあげてしまいます。

ペットショップの飼育員さんに伺うと、いつの間にかタオルを離さないようになっていたそうです。

主に、カミカミしたり、一人遊びで引っ張るということが多かったです。

カミカミしたあとのタオルはほつれてボロボロになってしまいますが、噛みグセがついているのかもしれません。

出会ったときからタオルと一緒なので、ケージには常にタオルを入れてあげています。

タオル代も結構バカにならないのですが、この子はボールなどではダメみたいです。

子犬のお気に入りタオル代の悩み

我が家の子犬はまだ小さいので、ハンカチ程度の大きさのタオルを使います。

そして消耗のスピードは早くもないのですが、汚れてしまうスピードが早いので取り替え時期もすぐにやってきます。

取り替え時期はだいたい1週間に一度のペースであることが多いです。

糸が解けてきてしまい、犬によくないと判断したら新しいタオルに取り替えてあげるようにはしています。

決して安くはない消耗品ですが、可愛らしい子犬の姿をみたら甘やかしてしまいます。

カミカミには固めのタオルをお勧めする理由ひとつめ

伸びてきている歯が気持ち悪くて、いろいろなものを噛んでしまい、与えた我が家のタオルを噛んでいるのだと思います。

もしも対象が犬用食器、遊具のボールならまだしも、兄弟がいるとしたら他の子犬にもカミカミしてしまうでしょう。

他の子犬や、消耗品である犬用食器が噛まれると大変ですから、一番リスクが少ないタオルをおすすめします。

結構固めに作られた雑巾のようなタオルを選んで与えてあげるとタオルの消耗も少なく、子犬も危険が少ないので良いかと思います。

カミカミには固めのタオルをおすすめする理由ふたつめ

価格面でいうと、タオルは安上がりですからおもちゃを買い与えるよりもお財布に優しくておすすめです。

我が家の場合では、大量に購入しているタオル類があります。

家庭で使用するためのタオルです。

このタオルを子犬用にも使います。

すると、買い忘れなどもなく、与えていない時期がないというミスも防ぐことができるのです。

カミカミは子犬の方がひどいと思うので、もう少し成犬として成長するまでの辛抱です。

カミカミには固めのタオルをおすすめする理由みっつめ

子犬は当たれられたものに反応してしまうので、タオルでなくても食器でも噛んでしまいます。

プラスチック素材の犬用食器であれば、子犬の健康によくない結果が現れる恐れも考えられるので、できるだけリスクの低いものを与えた方が良いかと思いました。

タオルは繊維が細かく切れてしまい、子犬が謝って飲み込んでしまうものはあまり適していません。

できれば子犬の誤飲事故につながらないようなおもちゃを与えてあげる方が良いと考えて、ハンドタオルにしました。

かなり繊維が硬いものなので、多少かんでも問題がないものを選んでいます。

子犬は生まれたときから癖のようにしている行為があるので、直そうとせずに受け入れてあげようと考えました。

まとめ

まとめると以下の点が、固めタオルがおすすめの理由でした。

  • お財布に良心的
  • 他の子犬やプラスチックなどへの危険リスク回避
  • 誤飲回避

いかがでしたか?

あなたも愛犬用タオルで子犬のストレス解消を手伝ってあげましょう。